「ゆうあい」令和4年1月号を発行いたしました。


「ゆうあい」令和4年1月号を発行いたしました。
こちらからご覧ください
「ゆうあい」令和4年1月号

令和4年 新年のご挨拶

 皆様、新年をどのようにお迎えでしょうか。
真に新しい年を寿ぐことができるよう「コロナ」の一日も早い収束を願っているところでございます。旧年中、ご家族の皆様、近隣の医療・介護関係各位にありましては格別のご理解・ご協力を賜り、ありがとうございました。
 私儀、平成29年から施設長をさせて戴いております。40年以上一般内科医として診療に携わってきたこと、介護保険創設時に初めてのケアマネージャーの資格試験を受験したこと、介護認定委員会を経験させて貰ったこと等、介護業務と関係の深い経験を糧として懸命に励んでおります。

 老人保健施設に求められているのは、在宅復帰・在宅支援機能です。しかし実際には在宅復帰率の向上はなかなか進みませんし、一方看取りの方も年々増加しています。介護の担い手の減少、さらには此度の「コロナ禍」と私共の職場環境も年々ストレスの多いものになってきています。それでもネガティブな面だけ眺めていても仕方がありません。利用者の方のより大きな満足が得られますよう職員一丸となって、より一層努力してまいります。
 最後に、今年もこれまで以上のご支援を賜りますようお願い申し上げて年始のご挨拶とさせて戴きます。

施設長 二宮 信夫

このページの先頭へ戻る